面白スポット 関西 東海 四国 九州 

関西近辺の面白いスポット 珍スポットのブログです

パワースポット京都 晴明神社 豊臣秀吉も飲んだ晴明水は病気平癒にご神徳

      2018/06/08


ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

元巫女のmikomikoさんが勧めるパワースポット神社

かつて京都には、

史上最強の陰陽師・安倍晴明という人物がいました。

まあ、いろいろブームもあったりしたので、

知らない人を探す方が難しいかもしれませんが…。

白狐の子ともいわれるほどに、彼の能力は底知れないものだったといいます。

そんな晴明に関連する神社はいくつかありますが、

「安倍晴明神社」は彼の屋敷跡に建立されたものです。250px-seimei-jinja_syaden

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%B4%E6%98%8E%E7%A5%9E%E7%A4%BE

スポンサード リンク

晴明亡き後に時の天皇・一条天皇が晴明の偉業を讃えるのと同時に、

彼が稲荷神の生まれ変わりだとし、ご祭神として祀るために創建しました。

現在は改修され、

晴明の屋敷の扉は式神によって開閉が行われていたという伝承に基づいて、

四神門が勝手(自動)に開閉するようになっています。

こういった遊び心も、気持ちが和んで癒されませんか?

境内には晴明井と呼ばれる、

晴明桔梗印(五芒星)の彫刻が施された井戸があります。

ここから湧く水は晴明水と呼ばれ、

晴明の霊力によって湧き出たといわれ、

無病息災のご神徳があると伝えられています。

この井戸には、千利休にまつわる伝承も残されています。

なんでも、この井戸から汲んだ水を茶の湯として利用していたといわれ、

豊臣秀吉もその茶を飲んでいたのだとか。

遊ぶなら「関西ウォーカー」、旅行なら「るるぶ」 いろんな雑誌400種類以上!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

病気平癒にご神徳があるとされ、

この水を求めて参拝に訪れる人も少なくありません。

晴明井の上部にあたる、

晴明桔梗印の彫刻された石台は

刻印された星形の先端のひとつが取水口となっていて、

立春になると晴明神社の神職がその上部を回転させ、

その年の恵方に取水口を向けるのが慣わしとなっています。

この他にも境内には、

撫でることで自身に憑いている厄を移すことが出来るという

「厄除桃」という黄金の桃があります。

img_01

http://www.seimeijinja.jp/sp/guide/yakuyoketou/

古来中国や陰陽道において、

桃は魔除けや厄除の力を持った果実とされてきました。

また、ここ日本でも古事記や日本書記の中で、

魔除けや厄除として桃が登場します。

桃太郎伝説も、こうしたことから誕生したといいます。

スポンサード リンク

【清める意味を知った上で訪れる】
憑き物や邪気などの「外気からやってくる悪しきもの」

を取り祓うことを清めだと捉えている人が多いかと思います。

それは勿論そんなのですが、「悪しきもの」とは、

必ずしも外からやってくるとも限らないのです。

疑念や猜疑心、嫉妬、懺悔、憎悪など、

「内気から湧き上がってくる悪しきもの」も存在します。

スポンサード リンク

陰陽師が活躍した平安の世では、これを「鬼」と表現していました。

そういったものを神道では「罪穢れ」といい、

この罪穢れ=気枯れ・気涸れと捉え、

この状態を改称するのが「清め」なのです。

人は知らず知らずに過ちを犯してしまったり、

他者を傷つけてしまったりするものです。

それらを神社を訪れて参拝し、

その罪穢れを解消することで魂が清らかになって生まれ変わり、

ここからまた新たな始まりを迎える・出発をするのです。

生きていれば、人は誰しも誤解されて傷つけられたり、

責められる事を経験するでしょう。運気が落ち気味で、

「どうしてじぶんばっかり」と

自暴自棄になってしまうこともあるかもしれません。

saya072155409_tp_v

同時に、何か嫌な事や悪い事が起こる時、

どうしても自分自身ではなく

「何か別の人・存在」のせいにしたくなることもあるでしょう。

スポンサード リンク

実際にそうしてしまったり、

そう思ってしまった自身を後になって責めたり、

落ち込んだりするのも、また人なのです。

外からの邪気や悪しき思念を祓い去るのも、

内からの怒りや悲しみ、苦しみなどの邪念などは、

人が成長していく妨げとなります。

それらを全て解消するのが「清め」なのです。

神の領域に立ち入り、清めをするというのは、

神様に畏敬と感謝を感じるとともに、

自分自身をみつめすべてを赦す強さを身につけていくという意味もあります。

邪気をいくら祓ったところで、

邪気を寄せつけるような生活を繰り返すのでは、

清めは意味をなしません。

全てを他者のせいにし、他力本願でいることは楽でしょう。

しかし、自身の在り方を見つめ、

清めをするたびに成長していく事が

自身に癒しと豊かさを与える力となるのです。

そのことを理解した時、人は神と一体となり、

呼応して願いが叶っていくものなのです。

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - お出かけスポット 京都, お出かけスポット 関西, 元巫女mikomikoさんのお薦めのパワースポット