面白スポット 関西 東海 四国 九州 

関西近辺の面白いスポット 珍スポットのブログです

パワースポット京都 野宮神社 縁切りで古の慣習からの女性性の解放

      2018/06/08


元巫女のmikomikoさんが勧めるパワースポット神社

【斎王の清めの神社・野宮神社】
選ばれたあと、宮中の初斎院という場所に入り、

翌年秋には京の郊外にある野宮にその身を移し、潔斎(清め)の日々を送ります。

その後、翌年9月の神宮の神嘗祭に合わせて京を出発します。

出発当日の朝は、葛野川(=現在の桂川)で禊を行い

太極殿にて発遣の儀式が執り行われます。

天皇が斎王となる女性の額髪に櫛を挿し、

「都の方に赴きたもうな」と告げます。

この言葉から「別れのお櫛」とも呼ばれます。

スポンサード リンク

斎王の清めの地であったこの野宮ですが、

後醍醐天皇の時代には南北朝の戦乱のため、

斎王制度自体が時代の混乱とともに廃絶となります。

その後は神社として野宮は存続し、

衰退の危機を乗り越えて再興され現在にまで残ります。

野宮神社は嵯峨野の竹林地帯の中にあります。

参拝者を迎えるように聳える黒木鳥居は、

クヌギの木の皮を剥がさないでそのまま使用する日本最古の造りで、

とても珍しいものです。

鳥居の両脇にはクロモジで造られた小柴垣が囲んでいます。

御祭神は野宮大神(天照皇大神)で、

摂社にも多くの神様がお祀りされていて、

縁結び、子宝、学問にご利益のある神社として知られています。

ぜひ、合わせて摂社の神様にもお参りしましょう。

境内には祈りを込めてなでると願い事が叶うと伝えられている

「神石(亀石)」

もありますので、訪れた際はお願い事をしてみて下さい。

スポンサード リンク

250px-nonomiya-jinja_torii
【古の慣習からの女性性の解放】

縁結びの神社は多くありますが、

実は野宮神社には「縁切り」にもご利益があります。

斎王の清めの地ですから、「罪穢れ」「悪しきもの」「俗世」など、

様々なものを手離す・切り離すといった意味で考えれば成程…納得です。

古来、日本人女性は「我慢」「忍耐」を美徳とされた時代が長く続きました。

一夫多妻で夫の心変わりに涙したり、婚姻による政治の駒となったり。

まあ、それでも逞しく堂々と生きた女性もいるにはいますけれど…。

とにかく、逞しくであれ、忍耐強くであれ、

日本の歴史の影には女性独特の強さが隠れていたのは確かです。

嵯峨野という土地は、

老いた身分の高い女性達が夫に見放されたあとに身を寄せた地でもあり、

女性の無念を受け止めて、癒してきた土地でもあります。

神と人とを繋ぐお役目のために己の人生を捧げた斎王が、

都で最後に過ごしたこの野宮が神社として残ったのは、

未来永劫女性を癒し続けていくためでもあるのではないかと、

ふと思ってしまったり…。

日本人女性は今こそ耐えるだけの美徳から解放され、

自身にも愛を与えて癒し癒される時を迎えるべきではないか。

tsu_ishinoue_tp_v

画像出典元

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E6%9C%88%E6%A9%8B

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8E%E5%AE%AE%E7%A5%9E%E7%A4%BE

スポンサード リンク
当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - お出かけスポット 京都, お出かけスポット 関西, 元巫女mikomikoさんのお薦めのパワースポット