面白スポット 関西 東海 四国 九州 

関西近辺の面白いスポット 珍スポットのブログです

パワースポット大阪市 堀越神社は一生に一度の願いを聞いてくれる神さん

      2018/06/08


元巫女のmikomikoさんが勧めるパワースポット神社

【一生に一度の願いを叶えてくれる神様・堀越神社】
 大阪府大阪市の天王寺駅から、

徒歩10分圏内の通り沿いに堀越神社はあります。

IMG_1333

交通量の多い通りなのですが、

不思議なくらいに境内にはひっそりとしていて、

緑豊かな穏やかで静かな空気が流れています。

IMG_1346

創建はなんと、第33代推古天皇の頃で、

スポンサード リンク

当時の摂政だった聖徳太子が叔父・崇峻天皇を偲び、

美しい茶臼山を選んで建立し、お祀りしたことに始まりました。

また、慶長・元和の大阪冬の陣・夏の陣の古戦場としても

数々の伝承とともに知られています。

大阪では古より

「堀越さんは一生に一度の願いを聞いて下さる神さん」

という言い伝えがあり、今でも多くの人が参拝に訪れています。

メディアにも何度も取り上げられたため、

パワースポットとして全国区でもすっかり有名になった堀越神社ですが、

地元では今も昔も変わらない親しみを込めて崇敬されています。

IMG_1340

【神社で願い事をする意味】
 堀越神社には

「一生に一度の願いを聞いてくれる神さん」

に願い事を叶えてもらいたいと、日本全国から多くの参拝者が訪れます。

IMG_1334

事前予約が必要な正式参拝には、堀越神社独特のものがあります。

それが「ひと夢祈願」です。

IMG_1334z

スポンサード リンク

ひと夢祈願は一生に一度の願い書いた短冊を御守袋の中に納め、

お供えして祈願してもらった後に、御守とします。

「御守=神様の御霊をお分けして頂いたもの」なので、

御守を肌身離さず持ち歩くというのは、

神様が常にお傍で守護して下さっているという意味があります。

それに加えて、ひと夢祈願の御守には

「自分自身が書いた願いの短冊」が納められています。

これは神社で絵馬を書くのと似ています。

神社で絵馬を書くのは、

神様にお願い事を聞き届けてもらうのと同時に

「神様へこの願いに向かって誓いを立てる」

意味があります。

IMG_1343

そのお願い事を持ち歩くというのは、自分自身が常にその事を意識して、

実現するために実行するという大切さを伝えるものと考えていいでしょう。

願い事を持ち歩くということは、

「己」を常に意識していける身近なセラピーなのです。

神社で願い事をするというのは、決して魔法のようなものではありません。

目標や夢に対しての自身の心や考え、行動を常にみつめ、

意識していくための実現行動のひとつです。

時には願い、祈り、常に感謝をする。

スポンサード リンク

この繰り返しが人を豊かにします。

神道では、神様は常に人々の生活に寄り添い、

いつでも恩恵を注いでいると考えます。

その恩恵を受け取れるかどうかは、個々の意識にほかなりません。

地元や旅行先で神社の神様にお参りし、

その場でご自身の手帳や便せんなどにお願い事を書き、

常に持ち歩いてみてはいかかがでしょうか。

IMG_1344

堀越神社

〒543-0063

大阪市天王寺区茶臼山町1ー8

IMG_1345

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - お出かけスポット 大阪, お出かけスポット 関西, 元巫女mikomikoさんのお薦めのパワースポット