面白スポット 関西 東海 四国 九州 

関西近辺の面白いスポット 珍スポットのブログです

県を上げて頑張る!地域ブランド米で地域活性化へ TPP対策

      2018/12/28


ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

TPPの大筋合意によって安いお米がたくさん入る可能性がありますが

その安い米に対応するために
競争力をつけようと地域独自のブランド米が今たくさん出てきてます
ご当地米つまり地域ブランド米は約500種類と言われ更に増え続けています
そのうち特Aランクと呼ばれる米は全国で44あると言われています
この特Aランクに認められるは最高の栄誉でありそれにより知名度もあがり
何よりももうやめようと思っていた米農家が
子供や孫に引き継がせようと頑張るので地域がさらに活性化するので
地域だけでなく県を上げて頑張ります

2月に青森が「青天の霹靂」というブランド米で特Aを取った時は
県知事が職員と抱き合って喜びました

スポンサード リンク

ではどうやって特Aは選ばれるのか?
1986年から始まり日本穀物研究会の違いがわかる選び抜かれた職員20人が
繊細な神経が要求されるため
1時間前から飲食禁止・喫煙禁止の中審査場において
香り、見た目、味、粘り、硬さ、総合の6項目について
基準米と比較し評価されるようです

最近の米はまずいものがほぼないらしいですが
さらに上を行く味を見極めるということです

20数年前の1993年の記録的な冷夏による米不足があり
正規に米が買えず値段の高騰や米泥棒まであらわれました
その時に不足を補おと外国産を混ぜたブレンド米が発売されましたが
かなり不味かったらしいです
自分はその時にも何も感じなかったので絶対検査員は無理ですね(^_^;)

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」他の著者で 水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する

奇跡の水素 活性ハイドロゲンC<サンゴ水素スティック>

化学合成ビタミン類を排除した全く新しい水素加工食品

原材料はすべて天然素材使用

水素は毒性の強い活性酸素を除去し、

様々な病気の予防や治療に活用出来ると期待されています

サンゴ水素スティック水素濃度、持続時間において ノーベル賞を受賞した田中耕一氏が所属している (株)島津総合分析試験センターの検査データー

日本でNo.1であることが証明されました

詳しくは商品紹介ページへ

内閣総理大臣/内閣府認可 一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

 
スポンサード リンク

 - 話題の記事