70スープラの中古車の維持費、修理記 1993年最終型

70スープラの維持費、修理やイベント模様などの記事です

70スープラ 修理 整備

1990年式JZA70スープラ2500ツインターボの中古車購入期

投稿日:1997年3月27日 更新日:


1997年3月に前車、1986年型のMZ20ソアラ3000GTの

度重なるトラブルに悩まされ買い替えをする事に、

1997年は1980年代後半からのバブル時代に話題になった

自分がメカニズムに憧れたり高くて買えなかった車たちが底値を迎え

安くなっていてどれを買おうか迷った

ある中古車は現状渡しだが安かったしちゃんと不具合や事故歴は

説明してくれたのでそこで買うことに

当時はお金が無かったので予算はオール50万だった

GX71マークⅡ2000ツインターボは19万円だが5速車

VTECインテグラやS13シルビア1800K’s、ユーノスコスモなどが29万円

水素パワーで自己免疫を付けいつでも健康体に、食べる水素サプリメント、 サンゴ水素スティックは水素体内持続時間が驚異の53時間、 この証明は島津製作所グループの (株)島津テクノリサーチ社の調査データーです ビタミンCの含有量が世界一のカムカム配合 天然ビタミンCは果汁100gあたり、約3,000mg アセロラの約2倍レモンの約60倍のビタミンC ポリフェノールもたっぷり含まれて抗酸化作用を持つスーパーフルーツです

詳細はサンゴ水素スティックのページへ

 
スポンサード リンク

どれも魅力的だが流石にGX71は古い、ユーノスコスモは6年落ちとは言え

ロータリーは故障や維持費が心配だしやはり6気筒が欲しい

まずは欲しかったのは同じ20ソアラの1988年型の後期の

ソアラ2000ツインターボL、白で純正のフロントとリアスポイラー付きで

それは1988年3月に友人が新車でマイナーチェンジしたばかりの

20ソアラ2000ツインターボLを買ったそのままの車体だった

前車20ソアラの3000GTの7M-GTエンジンはオーバーヒートがくせになる

欠陥エンジンだがまだM型よりも新しい1G-GTエンジンなら

まだトラブルは少ないだろうし

もうすでに9年落ちだが39万円と安くて綺麗だったので狙ってたが

迷ってるうちに売約になってしまった

次は同じエンジンのGX81マークⅡ2000ツンターボ

1990年の前期型で色は綺麗なグリーンメタ

29万円と安いが説明を聞くと4面のうち3面修復箇所があるらしい

綺麗には治っているし全体的に綺麗だが

オゾン発生器 リアージュ OZONE eーAIRは e-AIR採用の低温プラズマ発生体は 従来使用されていたオゾン発生体と比べ、耐久性が高くかつ 環境に左右されない安定したオゾン発生を可能にした新技術です コロナ対策に某パチンコ店の全店舗に導入されました 日本・米国・中国で特許取得済み 脱臭・除菌・メンテナンスフリー・コンパクト設計 詳細はオゾン発生器 リアージュのページへ
スポンサード リンク

エンジンはどうもファンが歪んでまわってるように見えた

次はこれもバブル時期に乗りたかったGA70スープラ平成元年式で

白でオートマチックだが2000のNAの1G、ツインカム24

39万円とこれも予算内だがせめて2000ツインターボならなあ

そしてもう1台あった

1990年12月登録で約6年落ちの

JZA70スープラ2500ツインターボ

黒のオートマチック、ノーマルでオプションの

モモのハンドルとリアサンバイザーが付いていた

聞くと左ドアに修理歴があるのみらしいが

何故か前のナンバープレートが結構歪んでいた、

光るナンバーが付いていたが

オゾン発生器 リアージュ OZONE eーAIRは e-AIR採用の低温プラズマ発生体は 従来使用されていたオゾン発生体と比べ、耐久性が高くかつ 環境に左右されない安定したオゾン発生を可能にした新技術です コロナ対策に某パチンコ店の全店舗に導入されました 日本・米国・中国で特許取得済み 脱臭・除菌・メンテナンスフリー・コンパクト設計 詳細はオゾン発生器 リアージュのページへ  
スポンサード リンク

エンジンは綺麗に振動無く回っていて

59万円と予算オーバーだが後20万円プラスで

当時憧れの280馬力カーが乗れるという事で

8.5万km 車検は8ヶ月しか残って無かったがこれに決定した、

後日試乗をさせてもらい、車自体は問題無いが

ハイオクが入って無かったから?なのか

イマイチ280馬力が感じられなかった

それまでの7M-GTソアラが230馬力、同じオートマチックだから

期待して当然だが、7M-GTより断然速いとは感じなかった

まあいいかと購入する、1997年3月21日 

後日解体予定の20ソアラに乗って夜に引取りに行ったが

黒い車は初めてで夜はノーズが見えにくく怖いと思った

スポンサード リンク

20ソアラはフェンダーマーカーやウィンカーライトが付いているが

兄弟車の70スープラはこの辺が何も無く暗かった

20ソアラに比べてパワーステアリングが重いし

(壊れてるのかとトヨタに相談に行ったが、

トヨタはこの車はこれが普通ですよと言われた)

ノーマルマフラーなのに結構音がアイドリングでもうるさかった

パワーはソアラの3000ccから2500ccに落ちたせいか

0発進が遅く低速がイマイチで市街地では7M-GTの方が乗りやすかったが

120km/h以上の加速性能は1JZ-GTの方が速かった

車歴でデジタルメーターじゃなくなったのも初めてだし

オートドライブなど快適装備も無くなってしまった

MA70スープラがある時は3000ccの3ナンバー車は

デジタルメーター、オートドライブが標準だったのに

2500になって2000ツインターボ並みの装備になってしまった

2000ツインターボと同じモケットのスポーツシートだが

2500ツインターボのみパワーシートが付いている

買った1997年頃は同じワイドボディの外観でも

GA70スープラ2000ツインターボの方が多く走っていて

2.5ツインターボのバッジはまだ少なく珍しいようで

自分も当時70スープラ見かけたのはGAばかりだったし

2000のオーナーからよくガン見されちょっと自慢気だった(^^♪

 

 

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
水処理装置をト-タルプロデュ-スする マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は パナジウム、ガイアストーン、トルマリン、龍蘭石などの高価な 天然石を含む業界初の10層構造で塩素、農薬トリハロメタンを除去 電気を使わないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 10年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)で経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センターで水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-70スープラ 修理 整備

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

70スープラにターボブースト計取り付け

1月2日の奈良県宇陀市の旧車イベントの 宇陀ヴィンテージカーニューイヤーミーティング2015 のフリーマーケットで 1000円で買ったタイワン?オートゲージ製の電気式未使用のブースト計 当初電気式のタ …

JZA70スープラ パワステラックホースのオイル漏れ 中古のパワステラックを使ってDIYで修理

去年から発生したパワステホースのオイル漏れ 漏れの個所はパワステラックの細い配管 ここは太いパワステホースとクロスしているので 長年の振動とかで干渉しホースに穴が開き漏れてくる 愛知のスープラ専門店マ …

70スープラのロアボールジョイントの交換 

ここ1~2年不安定だった70スープラの直進安定性、 右に左に流されて危なっかしくて飛ばせないし 高速でも急な横な動きにふらつく 最近良く見てもらってる東大阪の寿自動車に持っていく とりあえずリフトアッ …

70スープラ2.5ツインターボRの部品取り車からパーツ取り

土曜日の夜のスープラオフで久々登場の京都のKさんが 近所の行きつけのカーショップで70スープラの2,5ツインターボRの 廃車体が入って来たとの事で 部品取りでいるなら見にくればと聞いたので 以前からテ …

70スープラの持病 1JZ-GT クランクプーリーの交換料金 

すでに新車から25年経っている自分の70スープラ 長距離が不安だった1番の原因の 15年以上変えていないクランクプーリー 1JZ-GT搭載のエンジンは10万kmkくらいで このクランクプーリーのダンパ …







    メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,656人の購読者に加わりましょう